ワールド統合とか騒いでる場合じゃないですよ。
宇宙ですよ宇宙。
アルマも実は密かに宇宙分野への進出を進めていたんですよ。
なんの話かって?
それはこれ。
動画は去年の7月のものだからちょっと古いニュースだけど。
南米のチリに建造中の電波望遠鏡。その名前がアルマ望遠鏡というらしい。スペルはALMAで、Atacama Large Millimeter/submillimeter Array(アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計)の頭文字をとったもの。我らがアルマ亭のAHLMAとは1文字違うけど、まぁそこはそれ。
ちなみにこれ、もう10年以上も前から始まってたプロジェクトなんだってね。ぜんぜん知らんかった。
最高の解像度を求めるためとはいえ、大自然のど真ん中に人工物がででんと配置されちゃうのはちょっとあれな気はするが、そういった細かいことを気にしなければ興味深い恩恵もある。
完成後には見学も可能にする予定とのことだから、そうなれば交通手段がある程度確立されるだろう。最寄の空港まで飛行機で移動し、まぁ最終的には未舗装の山道を延々バスかジープなんかで、ってことになりそうではあるけど。
でもこれだけの大規模な電波望遠鏡を建設する立地ってことは、つまりとてつもなく星がよく見えるってことなんだわ。ここ重要。晴天率も高いってことだし、1週間ぐらい滞在すればそれこそ一生分の星空を満喫できるんじゃないかね。
日本の都市部に住んでたりすると星空なんてまともに見れないし、見に行こうと思ってもそもそも星空が見える場所を探すのが大変だ。「満天の星空」なんて言葉はよく聞くけど、実際にそれを目にする機会はどんどん失われていっている。天の川を見たことがない人も多いんじゃないだろうか。
あ、でも標高5000mとか書いてあるな・・・。
富士山頂の標高の1.3倍以上。ここによれば酸素濃度は約50%、気圧が低くて水の沸点は90度を下回るというなかなか過酷な環境。しかもアタカマ砂漠ときた。年間降水量100mm以下・・・カラッカラに乾燥してそうだな・・・。
細かく見れば見るほど人間の行く場所じゃない気がしてきた。
でも苦難を乗り越えてこそ真の感動は得られるものなのですよ・・・。

コメント

コメントはありません

コメントの投稿

名前:
テキスト:
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
過去ログ
1
2020年
1
2020年01月
14
2019年
1
2019年12月
1
2019年10月
1
2019年09月
2
2019年07月
1
2019年06月
2
2019年05月
1
2019年04月
1
2019年03月
1
2019年02月
3
2019年01月
14
2018年
1
2018年12月
1
2018年11月
1
2018年10月
1
2018年09月
2
2018年07月
1
2018年06月
3
2018年05月
1
2018年04月
1
2018年03月
1
2018年02月
1
2018年01月
20
2017年
1
2017年12月
1
2017年11月
1
2017年10月
2
2017年09月
1
2017年08月
1
2017年06月
3
2017年05月
2
2017年04月
3
2017年03月
1
2017年02月
4
2017年01月
18
2016年
2
2016年11月
2
2016年10月
2
2016年09月
1
2016年08月
1
2016年07月
1
2016年05月
4
2016年03月
1
2016年02月
4
2016年01月
31
2015年
1
2015年12月
2
2015年10月
2
2015年09月
2
2015年08月
2
2015年07月
4
2015年06月
4
2015年05月
3
2015年04月
6
2015年03月
2
2015年02月
3
2015年01月
53
2014年
5
2014年12月
4
2014年11月
5
2014年10月
4
2014年09月
5
2014年08月
3
2014年07月
3
2014年06月
6
2014年05月
6
2014年04月
4
2014年03月
5
2014年02月
3
2014年01月
92
2013年
5
2013年12月
5
2013年11月
4
2013年10月
5
2013年09月
2
2013年08月
5
2013年07月
7
2013年06月
8
2013年05月
13
2013年04月
13
2013年03月
10
2013年02月
15
2013年01月
143
2012年
20
2012年12月
20
2012年11月
17
2012年10月
14
2012年09月
11
2012年08月
3
2012年07月
13
2012年06月
12
2012年05月
19
2012年04月
6
2012年03月
3
2012年02月
5
2012年01月
75
2011年
6
2011年12月
5
2011年11月
8
2011年10月
8
2011年09月
2
2011年08月
3
2011年07月
8
2011年06月
15
2011年05月
6
2011年04月
6
2011年03月
3
2011年02月
5
2011年01月
35
2010年
1
2010年11月
2
2010年10月
2
2010年09月
6
2010年07月
3
2010年06月
4
2010年05月
2
2010年04月
4
2010年03月
6
2010年02月
5
2010年01月
45
2009年
7
2009年12月
2
2009年11月
5
2009年10月
2
2009年09月
3
2009年08月
4
2009年07月
1
2009年06月
2
2009年05月
5
2009年04月
3
2009年03月
5
2009年02月
6
2009年01月
61
2008年
3
2008年12月
5
2008年11月
2
2008年10月
10
2008年09月
3
2008年08月
5
2008年07月
5
2008年06月
2
2008年05月
5
2008年04月
7
2008年03月
8
2008年02月
6
2008年01月
81
2007年
7
2007年12月
6
2007年11月
6
2007年10月
5
2007年09月
7
2007年08月
6
2007年07月
6
2007年06月
8
2007年05月
8
2007年04月
3
2007年03月
6
2007年02月
13
2007年01月
94
2006年
6
2006年12月
9
2006年11月
9
2006年10月
8
2006年09月
7
2006年08月
9
2006年07月
8
2006年06月
3
2006年05月
6
2006年04月
13
2006年03月
8
2006年02月
8
2006年01月
67
2005年
5
2005年12月
5
2005年11月
7
2005年10月
4
2005年09月
6
2005年08月
6
2005年07月
2
2005年06月
5
2005年05月
7
2005年04月
8
2005年03月
7
2005年02月
5
2005年01月
101
2004年
6
2004年12月
8
2004年11月
13
2004年10月
10
2004年09月
5
2004年08月
7
2004年07月
12
2004年06月
7
2004年05月
6
2004年04月
4
2004年03月
12
2004年02月
11
2004年01月
125
2003年
17
2003年12月
9
2003年11月
13
2003年10月
13
2003年09月
18
2003年08月
12
2003年07月
16
2003年06月
10
2003年05月
2
2003年04月
3
2003年03月
3
2003年02月
9
2003年01月
125
2002年
2
2002年12月
17
2002年11月
18
2002年10月
21
2002年09月
11
2002年08月
12
2002年07月
4
2002年06月
3
2002年05月
8
2002年04月
17
2002年03月
12
2002年02月
ネンカラス西館 アルマ亭 - in Loki Server - [ http://www.ahlma.jp ]
Powered by Ahlma.Blog